日本では2013年に65歳以上の高齢者数が約3,186万人となり、すでに高齢化率は25%を超えています。高齢化が更に進む日本にとって、認知症は最重要課題の1つです。認知症は他人事ではなく、65歳以上の15%が発症すると推定されている誰にでも起こりうる身近な病気です。2012年認知症高齢者は約462万人です。このままいくと2025年には、認知症患者700万人に!?(65歳以上の5人に1人)。認知症の人や家族が穏やかに暮らしていけるよう、正しく理解することが大切です。(出典:厚生労働省認知症高齢者の現状 平成24年)

※認知症とは:
脳の細胞が死滅したり働きが悪くなり、記録力や判断力が低下する病気です。

参考ウェブサイト
・厚生労働省 知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_recog.html
・厚生労働省 認知症施策の現状
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11901000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/0000069443.pdf
・厚生労働省 認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12304500-Roukenkyoku-Ninchishougyakutaiboushitaisakusuishinshitsu/01_1.pdf
・厚生労働省 今後の高齢者人口の見通しについて
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiiki-houkatsu/dl/link1-1.pdf
・認知症ねっと
https://info.ninchisho.net/
『出典:T-PECホームページ医療情報コラムより』

上記情報は、2017年4月12日現在です。