不審者にあったときの身の守り方は、『いかのおすし』で覚えましょう!

いか・・・知らない人についていかない
 ・・・知らない人の車にらない
 ・・・危険を感じたらおごえで叫ぶ
 ・・・危険を感じたらぐ逃げる
 ・・・何があったか大人にらせる

※大人が子どものためにできること
・『子ども110番の家』を教えましょう。(弊社も『子ども110番の家』です。)
県内に『子ども110番の家』は、5,000カ所以上あります。危険を感じた時や困った時には、『子ども110番の家』の看板がある場所に助けを求めるように教えましょう。また、一緒に通学路を歩いて場所を確認しておくとよいでしょう。

※約束事を決めましょう!
・遊びに行くときは、誰とどこに行くか、何時に帰ってくるかを把握しておきましょう。
・ひとりで留守番をしているときは、訪問者が来ても出ない、またはひとりでいることが相手に分からないように対応するよう教えましょう。

*以上の内容は、石川県警察「IP防犯ネット」情報Vol.182より引用しております。

お問い合わせは、津幡町交流経済課:076(288)2129

『出典:津幡町役場ホームページより』

上記情報は、2017年4月15日現在です。