白山を登山するときには登山届を!(7月1日から義務化)

7月1日から「石川県白山における火山災害による遭難の防止に関する条例」が施行されます。この条例は、白山の活火山地区への登山者に対し、登山の届出を義務付け、事前準備の徹底、火山災害による遭難の防止を図ることを目的としています。白山に登山する際は、白山の特性や火山活動の状況を十分に把握し、綿密な登山計画に基づいた装備品等を携帯して登山しましょう。

登山届提出のメリット

・あらかじめ計画を立てることで無理な登山を防止できます。
・万が一、遭難した際に、登山者の安否確認や捜索救助活動を迅速化することができます。

登山届の提出が義務づけられる範囲

・白山の活火山地区(白山の火口域から4Km)の範囲

登山届の提出方法

・インターネットによる提出
①県ホームページから(スマートフォンからも簡単に提出可能です)
②日本山岳ガイド協会運営の「コンパス」ページから

お問い合わせは、石川県危機対策課:076-225-1482

『出典:広報いしかわ No.1971 平成29年6月21日』

上記情報は2017年6月22日現在です。

Follow me!