概要

今年の白山山頂付近の雪どけは、雪どけが極端に早かった平成28年と比べると、12~44日遅くなっていましたが、平成21年~27年の平均に比べると、水屋尻3調査地付近では早かったものの、他の地点では、ほぼ例年通りかやや遅めでした。
雪どけ日から推定したクロユリの開花予想についても同様に、昨年に比べれば、10日から1か月程度遅くなると予想されました。平成21年~27年の平均に比べると、10日前後早い場所、遅い場所があり様々ですが、ほぼ例年通りかやや遅めではないかと予想されました。
7月16日現在のクロユリの開花状況は、御前峰の山頂下付近や室堂の第2展望台への園路では開花しており、白山比咩神社祈祷殿横や南竜庭園では、つぼみの状態で、水屋尻3のクロユリは、間もなく開花を迎えそうでした。各地の開花予想は表のとおりで、クロユリは、これから7月下旬~8月上旬ごろ各地で見ごろになるのではないかと予想されます。

開花期間

クロユリは同じ集団では、ほぼ一斉に開花し、開花期間は約1週間から10日程度。

詳しくは、白山自然保護センター:☎076-255-5321

『出典:石川県ホームページより』

上記情報は、2017年7月23日現在です。