津幡町環境美化条例について

 ポイ捨て等の迷惑行為について

ごみのポイ捨てや犬のふんの放置などの迷惑行為防止のため、平成24年4月1日より「津幡町環境美化条例」を施行しました。

ポイ捨て等防止モデル地区

本条例をより実効性のあるものとし、住民の方々のさらなる意識向上を図るため、平成25年6月から井上地区を、平成27年4月から緑が丘区を「ポイ捨て等防止モデル地区」に指定し、地域と行政がより緊密に連携してマナー順守、モラル向上を呼び掛けていきます。

ポイ捨て等防止指導員と協力員

津幡町環境美化条例の制定・施行に伴い、町民(各地区防犯委員)の方から町長が「ポイ捨て等防止指導員」を委嘱します。

  ポイ捨て等防止指導員の主な活動
  • 各地区におけるポイ捨て等防止パトロール
  • チラシ配布など啓発活動への協力
  • 不法投棄に関する情報の収集および町への情報提供

なお、ポイ捨て等防止指導員は、活動中「津幡町環境美化指導員」の名前が入った腕章を身につけています。(車両で巡回中のときはマグネットを使用しています。)
また、腕章は身につけておりませんが、指導員以外に各地区防犯委員の方々などにも「協力員」という形でご協力をいただいております。
※協力員の方々は水色のワッペンを身につけています。

きれいなまちづくりのため指導員と協力員の活動にご理解とご協力をお願いします。

指導員の活動の様子

指導員の方々は、定期的なパトロールや啓発活動を行っています。

平成29年度実施取組

平成29年度は10月を「ポイ捨て等防止強化月間」と定め、期間中の10月6日(金)には「Aコープ津幡店」において、ポイ捨て等防止指導員と町職員でチラシ等の配布を行い、ポイ捨てや犬の糞の放置防止について呼びかけました。  また、広報車のパトロールによる啓発活動も実施しました。

関連ファイル

お問い合わせは、津幡町生活環境課:☎076-288-6701

『出典:津幡町ホームページより』

上記情報は、2017年10月10日現在です。

Follow me!