医療費の負担は

医療機関の窓口では、医療費の1割(所得の多い方は3割)を負担します。一部負担金の割合は、前年中の所得に基づき原則として毎年8月1日に判定します。

一部負担金の割合と所得区分

3割
  現役並み所得者
住民税課税所得が145万円以上の後期高齢者、及びその人と同じ世帯の後期高齢者  (ただし、次のいずれかに該当されると申請し認定された場合は「1割」となります)◎後期高齢者複数世帯で、収入合計が520万円未満

◎後期高齢者1人世帯で、収入が383万円未満

◎後期高齢者1人世帯で、同じ世帯の70歳から74歳までの方との収入合計が520万円未満

1割
 一  般
「現役並み所得者」、「区分Ⅱ」、「区分Ⅰ」以外
 区分Ⅱ
 世帯全員が住民税非課税の場合
 区分Ⅰ
 世帯全員が住民税非課税で、かつ世帯員それぞれの所得が、必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる場合

*同一世帯に、未申告者(所得の申告がお済みでない方)がいると、所得区分が判定できない場合があります。

 一ヶ月の医療費の自己負担限度額

医療費は所得に応じて負担します。所得区分は、前年中の所得に基づき原則として毎年8月1日に判定を行います。

区分 外来(個人ごと) 外来+入院(世帯ごと)
 現役並み所得者 Ⅲ(課税所得690万円以上) 252,600円+(医療費-842,000円)×1%
※4回目以上  140,100円
Ⅱ(課税所得380万円以上) 167,400円+(医療費-558,000円)×1%
※4回目以上  93,000円
Ⅰ(課税所得145万円以上) 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
※4回目以上  44,400円
一般 18,000円
[年間限度額144,000円]
57,600円
※4回目以上  44,400円
低所得者Ⅱ 8,000円 24,600円
低所得者Ⅰ 8,000円 15,000円

お問い合わせは、津幡町町民課:☎076-288-2124

『出典:津幡町ホームページより』

上記情報は、2018年9月15日現在です。

Follow me!