介護サービスに関するご案内

居宅介護(介護予防)住宅改修費の支給

 

在宅で生活をしている要支援・要介護認定を受けている方が介護保険給付対象となる住宅改修をした場合、申請により、住宅改修に要した費用(補助対象上限額20万円)の9割(所得により8割または7割)に相当する額を支給します。
新築の場合や、工事後に申請した場合は支給対象となりません。

支給対象となる住宅改修の種類

  1. 手すりの取付け
  2. 段差や傾斜の解消
  3. 滑りの防止、及び移動の円滑化等のための床、または通路面の材料の変更
  4. 引き戸等への扉の取替え、扉の撤去
  5. 洋式便器等への便器の取替え
  6. その他、上記5項目の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

住宅改修費の支給の流れ

1.住宅改修前に必ず居宅介護支援専門員(ケアマネジャー)または福祉課まで相談してください。改修前に申請者宅を訪問します。
2.申請書、承諾書、理由書、図面、内訳書、着工前の写真等を提出してください。
3.町が提出書類を確認した上、連絡します。
4.連絡を受けてから着工してください。工事が完了したら、領収書と工事後の写真を提出してください。
5.審査後、支給いたします。

関連リンク
お問い合わせは、津幡町福祉課介護保険係:☎076-288-2416
『出典:津幡町ホームページより』
上記情報は、2018年12月14日現在です。

Follow me!