津幡町ではのと里山空港の利用促進を図るため、のと里山空港利用促進同盟会の定めた「能登空港利用促進地域商品券等交付事業実施要綱」に基づき、のと里山空港を利用した津幡町民に対して、昨年度に引き続き助成を行っています。
助成制度をご利用になる場合は、企画財政課の窓口までお問い合わせください。

対象路線

のと里山空港発着便

助成対象者

能登~羽田便を利用した津幡町民(津幡町に住民票を有する方)

※但し、次に掲げる場合は助成対象外

  • 官公庁等の職員が公務で利用する場合
  • 搭乗日現在、満3歳未満の旅行者
    (但し、座席を確保し小児運賃を支払いした満3歳未満の小児については交付対象とする。)
  • 町内の小学校、中学校または高等学校の修学旅行において利用する場合

助成対象期間

令和2年3月31日(火)までの能登-羽田便及び羽田-能登便  搭乗分

助成内容

  • 往復利用/3,000円分のドレミファお買物券
  • 片道利用/2,000円分のドレミファお買物券
    ※同一人が30日以内に、のと里山空港から羽田空港への搭乗及び羽田空港からのと里山空港への搭乗の両方を行った場合は、原則として往復搭乗したものとみなします。

助成の申請

  • 助成を受ける方は、企画財政課で備え付けの所定申請書に必要事項を記入・押印し、往復(又は片道)の搭乗券を添付し申請してください.。
  • 同一世帯の方のみ、代理申請が可能です。
  • 所定申請書は、下記にてダウンロードも可能です。

能登空港利用促進地域振興券等交付申請書兼請求書(95.6KB)    /   記入例(191.2KB)
【注意事項】
搭乗券に搭乗者の記載がない方(団体搭乗券利用等の場合)は、申請書に加えて次の様式の
添付が必要となります。  /  見分け方はこちら
別紙(団体搭乗券をお持ちの方)(67.4KB)

交付方法

原則、申請と同時にその場で審査し、助成内容に合致していれば、即時交付されます。
※受領印が必要となりますので印鑑並びに身分証明書(運転免許証や健康保険証等)を持参してください。

申請期間

搭乗日の翌日から起算して30日以内に申請してください。
(往復利用の方は復路搭乗日の翌日から起算して30日以内)

持ち物

  • 搭乗券の原本
  • 印鑑(朱肉印、認印可)
  • 身分証明書(運転免許証、健康保険証、パスポート等)
    (代理申請の場合は、本人及び代理人の両方が必要となります。)

その他

  • 搭乗券の原本が必要ですので、紛失しないようお願いします。
  • 搭乗券のコピーでは交付できません。

その他、詳しくは下記担当窓口にまでご連絡ください

関連リンク
お問い合わせは、津幡町企画財政課:☎076-288-2158
『出典:津幡町ホームページより』
上記情報は、2019年5月18日現在です。