弊社は、2019年9月25日、がん対策推進企業アクション推進パートナーに登録になりました。

がん対策推進企業アクションとは、

概要・目的

今後、企業で働くがん患者は増えていきます。
その理由の一つは「女性の社会進出」と「定年延長」です。
50代前半までの若い世代では、女性の方が男性よりがんと診断される方の数が多く、
30代では女性の患者数は男性の3割です。
女性の社会進出が進めば、企業で働くがん患者の数が増えることになります。
一方、50代後半以降になると、
男性でがんと診断される方の数が女性の数を追い抜いて、急速に増えていきます。
男性の方が老化の影響が格段に大きいからです。
そのような中で定年が55歳から60歳、60歳から65歳へと引き上げられれば、
男性会社員のがん患者が増えることになります。
がん大国 日本

日本は先進国の中で唯一、がんが増えています。
日本は人口比におけるがんの死亡割合が世界でも高く、”がん大国日本”といっても過言ではありません。企業にとって、がんによる人材喪失リスクは上昇の一途をたどっています。

がん対策推進企業アクションの役割
職域におけるがん検診受診率向上を企業連携で推進していくことで、“ がん”と前向きに取り組む社会気運を醸成。企業が率先して「がん検診受診」の大切さを呼びかけることにより、受診率50%以上をめざします。
上記情報は、2019年10月3日現在です。