春の全国交通安全運動

4月6日(月)~15日(水) 4月10日(金)は「交通事故 、 死ゼロを目指す日」

交通安全運動では3つの重点に注意し、交通ルールを守り、正しい交通マナーを実践しましょう。

子どもを始めとする歩行者の安全の確保

●歩行者の交通ルール遵守の徹底
・道路を横断する際は、横断歩道を渡りましょう。
●歩行者の安全の確保
・車の運転手は、通学路でゆっくり走るなど登下校中の子どもに注意しましょう。

自転車の安全利用の推進

●自転車の交通ルール・マナーの周知・徹底
・傘差し、スマートフォン・イヤホン使用等の危険な運転はやめましょう。
●自転車の安全利用の促進等
・自転車用ヘルメットは、子どもはもちろんのこと、学生・大人も着用しましょう。
・自転車が原因となる高額賠償事故が発生しています。万一の事故に備えて保険に加入しましょう。

高齢運転者等の安全運転の励行

●高齢運転者の交通事故防止
・安全運転サポート車への乗換えや後付けの安全運転支援装置の取付けも考えてみましょう。
・運転に不安のある方は、安全運転相談ダイヤル(#8080)等を利用しましょう。
●運転者の交通ルール遵守の徹底等

歩行者優先!「チェック・ストップ・横断歩道」

道路の菱形マークは、「前方に横断歩道または自転車横断帯あり」を示す道路標示です。横断歩道の手前では歩行者の有無を確認し、歩行者がいたら停止しましょう。

交通死亡事故が多発しています

県内では今年に入り、交通死亡事故が多発しています。(令和2年3月22日現在 死者数13人 前年比+8人)一人ひとりが「交通ルールを守り、正しい交通マナーを実践すること」を心掛け、かけがえのない命を大切にしましょう。

お問い合わせは、 生活安全課:☎076(225)1387

『出典:石川県ホームページより』

上記情報は、2020年4月3日現在です。

Follow me!