新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

今、新型コロナウイルス感染症に関連して、不安から生じる差別や、誹謗中傷が問題になっています。

(やってはならないこと)
・感染した方々や治療にあたる医療従事者とそのご家族、周辺地域や施設などに対する差別、偏見、いじめ、誹謗中傷
・自粛に対する過剰な行動
(県外ナンバー車に対するいやがらせや、営業店舗に対する妨害行為等)
・インターネットやSNSによる差別や偏見、デマの拡散    など

皆様には不確かな情報に惑わされて、人権侵害につながることのないよう、国や自治体が提供している正しい情報に基づき、冷静な行動をお願いします。
なお、差別やいじめ等の様々な人権問題についての相談は、県人権推進室のほか、法務省の人権擁護機関で受け付けています。

(関連リンク)

新型コロナウイルス感染症について(石川県健康推進課)

法務省の人権擁護機関による人権相談受付(外部リンク)

差別や偏見がなぜ問題なのか

日本赤十字社「新形コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」(外部リンク   テキスト版動画版)

お問い合わせは、石川県総務部総務課:☎076-225-1235

『出典:石川県ホームページより』

上記情報は、2020年6月16日現在です。

 

Follow me!