ロタウイルス感染症予防接種の定期接種化について

ロタウイルスによる胃腸炎は、口から侵入したロタウイルスが腸管に感染して発症します。乳幼児の急性胃腸炎の入院の中で、もっとも多い感染症で重症化しやすく、まれに脳や腎臓に影響を及ぼすこともあり、注意が必要です。

定期接種の対象となる方には接種券をお渡ししますので、忘れずに接種しましょう

対象者:令和2年8月1日以降に生まれた方
定期接種開始日:令和2年10月1日

※予防接種券は生後2か月頃の赤ちゃん訪問の時にお渡しします。

※定期接種開始日前に接種した場合は全額自己負担となりますのでご注意ください。

令和2年7月31日までにお生まれの方について
令和2年7月31日までにお生まれの方のロタウイルス感染症予防接種は任意接種となります。
接種費用の一部助成を行っておりますので、健康推進課窓口で申請してください。

助成対象:令和3年3月31日までに接種したもの

助成額:1回につき4,500円  2回まで

申請時に必要なもの
・領収書(接種者氏名、接種日、ワクチン名、接種費用、医療機関名、領収印)
・印鑑(スタンプ印は不可)
・預金通帳など口座のわかるもの
・母子健康手帳(ワクチン接種が記載されているもの)

お問い合せは、津幡町健康推進課:☎076-288-7926

『出典:津幡町ホームページより』

上記情報は、2020年9月3日現在です。

Follow me!