秋の全国交通安全運動

9月30日(水)は、「交通事故死ゼロを目指す日」
交通安全運動の3つの重点に注意し、交通ルールを守り、相手を思いやる気持ちを持ちましょう。

運動の重点
子どもを始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保
〈主な取り組み〉
○子どもや高齢者を見かけたら速度を落とすなどしましょう。
○横断歩道では、歩行者優先の原則を守りましょう。
○自転車利用者は、傘差し、スマートフォン・イヤホン使用等の危険な運転はやめましょう。
○自転車用ヘルメットは、子どもはもちろん大人も着用しましょう。

夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の防止
〈主な取り組み〉
○早めのライト点灯を心掛け、走行時はハイビーム、すれ違い時はロービームにして、こまめに切替えましょう。
○夕暮れ・夜間の外出時は、明るい服装を心掛け、反射材用品を着用しましょう。
○妨害運転(いわゆる「あおり運転」)・飲酒運転等の危険運転はやめましょう。

高齢運転者等の安全運転の励行
〈主な取り組み〉
○安全運転サポート車への乗換えや後付けの安全運転支援装置の取付けも考えてみましょう。
○運転に不安のある方は、安全運転相談ダイヤル(♯8080)を利用してください。
○後部座席を含め全ての座席でシートベルトを着用させ、チャイルドシートは正しく取り付け、着用させましょう。

ライトで照らせ「かがやき」運動
運転手は「早めのライト点灯」「ハイビームの上手な活用」歩行者、自転車は「反射材用品等の着用を徹底」

-交通死亡事故が多発しています-
県内では、交通死亡事故が多発しています。(令和2年9月13日現在 死者数33人 前年比+16人)
一人ひとりが交通ルールを守り、歩行者や他の車両に対する「思いやり・ゆずり合いの気持ち」を心掛け、かけがえのない命を大切にしていただくようお願いいたします。

県交通事故相談 【総合窓口 076(225)1690】無料
■損害賠償の算定や保険金の請求方法、過失の程度についてなど弁護士による無料相談日もありますので、お気軽にご相談ください。(土・日・祝日・年末年始を除く)
●県庁相談コーナー(金沢市鞍月1-1) 相談時間 9:00~17:00
●奥能登行政センター(輪島市三井町州衛10-11-1) 相談時間 13:00~15:00(事前予約制)

『出典:石川県ホームページより』

上記情報は、2020年9月17日現在です。

 

 

Follow me!