日本は、2060年、2.5人に1人が65歳以上。日本は世界的に見ても超高齢社会です。そこで日本の課題の一つとなるのが介護の問題です。今後も高齢化率は増加し続け、推計では2060年には日本人の4割が65歳以上になるとも言われています。平均寿命と健康寿命について、男性:平均寿命80.2、健康寿命71.2。女性:平均寿命86.6、健康寿命74.2。平均寿命と健康寿命の差が不健康な期間、つまり医療や介護が必要な期間と言われています。*健康寿命とは、健康で日常的に介護を必要とせず、自立した生活ができる期間として定義されています。ちなみに10月は健康強調月間です。健康強調月間とは、国民の健康意識を高め、健やかな生活習慣を定着させ、健康寿命を延ばすことを目的に定めています。健康強調月間の2016年のスローガンは、「未来の自分に健康宣言~あなたの意識が変える健康寿命~」