白山の自然誌 41「ブナオ山観察舎と冬の自然」の発行について

1、趣旨
石川県白山自然保護センターでは、白山地域の自然・文化及び自然保護意識の正しい理解と普及を図るため、テーマを決めてくわしく解説した「白山の自然誌」を発行(年 1 回)しています。本誌はその第 41 号にあたります。野生の動物をありのままの姿で観察することができるブナオ山観察舎の魅力と、観察舎周辺で見ることのできる動植物を紹介しています。
2、規格 A5 版 21 頁(カラー)
3、印刷部数 1,800 部
4、主な配布先 関係行政機関、図書館、博物館、中学、高校、大学のほか、一般の方々にも広く配布しています。
5、内容
・ブナオ山観察舎について
・ブナオ山を眺める
・動物たちを観察する
・よく観察される動物
・冬の森を歩く
・痕跡から動物を推理する
・ブナオ山観察舎の歴史
・観察される動物数の推移
・ブナオ山観察舎のご利用にあたって
・おわりに
6、その他
白山の自然誌は、白山自然保護センター(本庁舎)、ブナオ山観察舎などの施設で配布しています。また、インターネット上で PDF ファイルを公開しています。郵送希望の方は住所・氏名・電話番号を明記の上、送料として切手(140 円)を添えて、下記へお申込み下さい。

お問い合せは、石川県白山自然保護センター
(住所)〒920-2326 白山市木滑ヌ 4
(電話)076-255-5321 (FAX)076-255-5323
(E-mail)hakusan@pref.ishikawa.lg.jp
(URL)http://www.pref.ishikawa.lg.jp/hakusan/index.html
ツイッター https://twitter.com/ishikawa_hncc

『出典:石川県ホームページより』

上記情報は、2021年4月15日現在です。

Follow me!