紹介状(診療情報提供書)は、主治医が他の医師に診察やセカンドオピニオンを依頼する際、必ず必要な書類です。位置付けとしては、「信書」と同様、宛名本人以外は開封することができません。つまり、宛名として記載された医師以外、第三者は当然ながら、患者本人も開封することができないのです。一度開封された書類は内容が改ざんされているリスクもあるからです。
*「紹介状」は、正式には「診療情報提供書」のことをいいます。